年休5日以上の消化義務化で従業員が従わない場合は企業に罰則(7月19日)

働き方改革関連法の成立を受け、厚労省は2019年4月から、年10日以上の年休が 与えられている働き手が自主的に5日以上を消化しない場合、企業が本人の希望を 踏まえて最低5日を消化させることを義務づけ、違反した場合には従業員1人当たり 最大30万円の罰金を科す方針を示した。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square