社会保障費抑制で「年金68歳」案(4月12日)

財政制度審議会(財務省の諮問機関)は、高齢化に伴って増え続ける医療や介護 などの社会保障費の抑制について議論を始めた。財務省は、財政の負担を軽くする ため、公的年金の支給開始年齢を現行の原則65歳から68歳に引き上げたり、 医療や介護サービスの利用者負担を増やしたりする案を示した。公的年金を巡っては、 2035年以降に人口が多い団塊ジュニア世代が支給開始年齢の65歳を迎えるため、 支給額の急増が見込まれている。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​羽田事務所 / 障害年金サポート社労士の会                            

〒061-2281 札幌市南区藤野1条8丁目10番23号

Tel 011-212-1121 Fax 011-212-1197 

           

                                           Copyright (C) 2018 羽田事務所 All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black LinkedIn Icon