​羽田事務所 / 障害年金サポート社労士の会                            

〒061-2281 札幌市南区藤野1条8丁目10番23号

Tel 011-212-1121 Fax 011-212-1197 

           

                                           Copyright (C) 2018 羽田事務所 All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black LinkedIn Icon

​羽田事務所

主な業務のご案内
・労働保険事務組合 札幌労働保険管理協会
・社会保険労務士 / 行政書士 業務
・成年後見制度利用支援
・福祉サービス第三者評価制度 評価調査者
 
 
札幌 羽田事務所は、労働保険・社会保険の社会保険労務士業務をベースとした人事・労務管理の専門サポーターです。また行政書士として許認可業務、社会福祉士として成年後見制度のご利用をお手伝いいたします。 医療保険制度、介護保険制度、年金制度など社会保障制度全般のサポーターをめざす 「羽田事務所」 にどうぞお気軽にご相談ください。
​        業 務 案 内
労働保険事務組合 札幌労働保険事務組合

労働保険事務組合とは、事業主から委託を受けて労働保険の保険料の申告・納付等の労働保険事務を行うことについて厚生労働大臣の認可を受けた事業主団体等をいいます。

当事務所では国の認可を受け、事務組合を運営しています。

委託するメリット

・事務組合が、一括して事務処理をするので、事業主の方々の

 事務の手間が省けます。

・中小事業主等も労災保険に特別加入することができます。

労働保険料の額にかかわらず、年3回に分割納付できます。

 

成年後見制度利用支援

認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分である方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話の為に介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。
また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害に遭う恐れもあります。
このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援する制度が成年後見制度です。

当事務所では、ご本人のお気持ちを尊重しながら、生活を支えていくことをお手伝いさせて頂きます。

公益社団法人 社会福祉士会 権利擁護センター「ぱあとなあ」に所属しております。

社会保険労務士 / 行政書士 業務

社会保険労務士 / アウトソーシングと労務顧問

・手続代行

労働・社会保険(労災保険法、雇用保険法、労働保険徴収法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法)に関して、事業主が行政機関等に提出する書類の作成、申請の提出代行若しくは代理並びに労働・社会保険に関する相談・助言の業務、また給与計算の業務を月を単位として継続的に受託することができます。煩雑な手続きはアウトソーシングして、御社の業務に専念してください。

・産休、育休関連の各種保険手続き代行

現在では、雇用保険制度の「育児休業給付金」や、育児休暇者の社会保険料免除など、育児をする方に対する社会保障が充実してきました。しかし、手続きにはタイミングがあり、うっかりしていると不利益を被りかねません。一連の制度の解説と手続き支援を行います。

・法改正に準拠した「会社の法律」、就業規則・各種規程の変更

近々に改正された育児・介護休業法など、貴社の規程の見直しを支援いたします。

・労務相談

労働基準法など労働法令がめまぐるしく改定されています。就業規則、労働時間の管理、給与の仕組み等なため、 労使トラブルや労働基準監督署の是正指導を受ける、などの事例が多発しています。 社員と管理者は、「共に育つ」職場づくりが中小企業にとって業績向上につながる最強の条件です。
御社の人事・労務管理に、当事務所を第2人事部として活用することをお勧めします。

行政書士 / 許認可申請等

・建設業許可、決算報告書作成など

​介護人材の処遇改善へキャリアパス作成支援

​介護職員処遇改善加算を獲得するための単なる「手続き書類」としてのキャリアパスになっていませんか?事業所の実態に合ったキャリアパスを作成しましょう。運用しやすい評価制度の基に、昇給、昇格の仕組みの策定や、キャリアパス要件に対応したキャリアパス規程の作成を支援いたします。キャリアパス規程を策定して、職員の皆さまに周知しましょう。

​福祉サービス第三者評価制度

福祉施設におけるサービスの質を、利害関係の無い第三者が一定の基準に照らして専門的、客観的に評価し、情報を公開する制度です。福祉サービスの質の向上と、利用者が施設を選択しやすくすることが目的となります。

第三者評価機関「サード・アイ」に所属して、評価調査者の活動を行っています。評価結果は推進組織のホームページで公開されています。

全国社会福祉協議会 第三者評価事業 http://shakyo-hyouka.net/

 
初回のご相談は無料です。
 まずはお気軽にご相談ください

  電話またはメールでいつでもお問い合わせください。