11月の完全失業率が24年ぶりの低水準に(12月26日)

総務省が11月の完全失業率を発表し、5か月ぶりに改善して2.7%(前月比0.1ポイント減)となり、24年ぶりの低水準となったことがわかった。また、厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率は1.56倍(同0.01ポイント増)と約44年ぶりの高水準となった。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事